過払い金に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉過払い金に関する判例・争点

過払い金の裁判例

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

過払い金に関する判例・争点

 

過払い金については、平成19、20年に大きな最高裁判決が出て、その後、各種争点について、最高裁判決が出たり、地方裁判所等での判断がされている状況にあります。

 

最高裁判決

平成19年の最高裁判決

平成20年1月18日最高裁判決

平成23年12月1日最高裁判決(17条書面と悪意の受益者)

平成24年9月11日最高裁判決(不動産担保ローン切替)

平成27年6月1日最高裁判決(債権譲渡と異議なき承諾)



当然充当に関する裁判例

東京簡裁平成20年9月8日判決

 


過払い金と和解に関する裁判例

岐阜地方裁判所多治見支部平成20年3月31日判決

東京高裁平成27年10月15日判決

大阪高裁平成31年2月1日判決(錯誤無効)


不法行為に関する裁判例

最高裁平成21年9月4日判決

札幌高裁平成19年4月26日判決

大阪高裁平成19年7月31日判決

名古屋高裁平成20年2月27日判決

松山地方裁判所西条支部平成20年3月18日判決

神戸地裁平成20年3月21日判決

岡山簡裁平成29年3月1日判決(信用情報)


取引分断・消滅時効に対する反論

平成20年1月18日最高裁判決による充当合意

当然充当がされるとの理論構成

包括契約論

相殺の主張

錯誤無効+相殺の主張

不法行為であるとの理論構成

貸付中止措置では時効は進行しない(東京高裁平成24年5月31日)

マンスリークリアでも一連計算を採用(クレディセゾン)

マンスリークリアで330日空白でも一連計算(JCB、宮崎簡裁平成28年7月29日判決)

CFJとユニマットライフの取引(大阪地裁平成28年12月26日判決)

アコムの金利変更による分断主張の否定(東京高裁平成30年11月29日判決)

プロミスの借入停止による消滅時効進行の否定(宮崎地裁平成30年11月20日判決)

アエル、CFJの取引分断主張の否定(大阪地裁平成30年10月18日、大阪高裁令和元年5月8日判決)

取引併存型の一体計算(愛媛ジェーシービー、高松高裁平成31年2月1日判決)

約定過払い金と取引分断(アイフル、大阪簡裁令和元年6月4日判決)

タイヘイ債権譲渡とアイク過払金(CFJ、大阪高裁令和元年6月13日判決)

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)3年空白で分断主張否定(東京地裁令和元年10月3日判決)

 

文書提出命令

新生フィナンシャルと旧レイク(エル、株式会社レイク)の承継で文書提出命令を認めた決定(八女簡易裁判所令和元年6月18日決定)

 

脱法行為と過払い金

ファクタリングと過払い金(大阪地裁平成29年3月3日)

 


無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店
3/19相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所
3/19相談会開催


動画配信中↓↓


ページトップへ