過払い金に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉過払い金の弁護士費用

過払い金の弁護士費用

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

過払い金の弁護士費用

 

  • 手数料  1社あたり2万円
  • 減額報酬 0円
  • 回収報酬 2割に消費税を加算した金額

(消費税別です)

過払い金の返還については、弁護士費用として、
手数料(2万円+消費税)×債権者数
がかかります。
ただし、最低金額が5万円+消費税ですので、1社でも2社でも5万円+消費税となります。完済後の過払い金請求で過払い金が少額だった場合、手数料を減額させていただき、1社あたりの収支が赤字にならないようにしています。

過払い金の請求をしたら、かえって弁護士費用の値段の方が高かった・・・なんてことにならないように調整をしています。

過払い金回収が見込める場合には、回収した過払い金から費用を支払うという完全後払いも可能です。この場合は、皆さまから弁護士事務所へ現金の支払いはないことになります。相談・見積も無料で、最初に支払う費用はありませんので、いわゆる着手金は無料です。


過払い金の返還を受けた場合には、
返還額の2割(に消費税を加算した額)の報酬がかかります。
当事務所では、減額分についての報酬はいただいておりませんので、
過払い金の返還がなかった場合には、報酬は発生しません

その他には、実費がかかります。
貸金業者を相手に裁判をやるケースでは、印紙代や切手代など裁判所に納める費用も必要になります。

実費については、どのようなものに使ったのか明細も発行しています。


 費用例1.

3社に対する過払い金返還請求をおこない、合計50万円を回収した場合の料金。

手数料=6万円+消費税
報酬=10万円(回収額の2割)+消費税

その他に実費がかかります。


費用例2.

3社に対して、借金が100万円あったところ、利息制限法により計算をすると債務は完済されており、過払い状態だったので、過払い金返還請求をおこない、合計50万円を回収した場合の料金。

手数料=6万円+消費税
報酬=10万円+消費税(回収分の2割+消費税のみで100万円の減額効果については報酬不要

その他に実費がかかります。


 費用例3.

3社に対して、借金が100万円あったところ、利息制限法により計算をすると、全社の債務がちょうど0円となった場合の料金。

手数料=6万円+消費税
報酬=0円(過払い金が発生していないため

その他に実費がかかります。

手数料とは、いわゆる「着手金」とは異なるものですので、結果が出ない場合にはかかりません。


過払い金がなかった場合の費用

完済した業者に対して、過払い金の依頼をしたものの、調査をしてみたら、
「過払い金がなかった」
という結論もありえます。

法律の範囲内の利息であったとか、時効になってしまっていたとか、相手の業者名が間違っていて「取引は一切なかった」と回答されたりするケースです。

このような場合、その業者分に関しては、手数料や報酬などの弁護士費用はかかりませんので、ご安心ください(郵便費用の実費のみ精算します)。


過払い金の費用について、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店
3/19相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所
3/19相談会開催


動画配信中↓↓


ページトップへ