過払い金に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉裁判例 〉神戸地裁平成20年3月21日判決

神戸地裁平成20年3月21日判決

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

神戸地裁平成20年3月21日判決

 

慰謝料

利息制限法に基づく充当計算をした結果、過払い状態であるのに、請求を続けた貸金業者の行為は不法行為を構成するとして、慰謝料の支払義務を認めた裁判例。

「貸金業者は、同項の適用がない場合には、制限超過部分は、貸付金の残元本があればこれに充当され、残元本が完済になった後の過払金は不当利得として借主に返還すべきものであることを十分に認識しているものというべきである。また、貸金業法施行(昭和58年11月1日)の前においては、貸金業者、一層このことを認識していたというべきである。
 このような認識を有する貸金業者である被告が、22年以上の長期間にわたり、貸金債権の弁済の名目で、原告から金銭の交付を受け続けたことは、架空請求にも準じる違法な行為というべきであって、不法行為の成立を免れない。」



 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店
11/21相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所
11/22相談会開催


動画配信中↓↓


ページトップへ