過払い金に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉プライメックスキャピタルの過払い金事例

事例紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

株式会社プライメックスキャピタルの過払い金計算事例

プライメックスキャピタルとの間で、9年程度、取引をしていたケースです。

プライメックスキャピタルは、旧キャスコです。大阪に本店がある業者です。

 

9年間の取引履歴を確認し、過去に遡って、払いすぎた利息の計算をすると、150万円以上の過払い金があることが判明しました。

交渉では大幅な減額を求められ、解決は難しく、過払い金を回収するための訴訟を起こしました。

プライメックスキャピタルは、弁護士を付けず、自社での訴訟対応でした。

資金的に返還が難しいとの主張をしてきましたが、交渉を続けた結果、150万円を回収する内容の裁判上の和解が成立しています。

同社は、裁判所の判決をもらっても命じられたとおりには支払わず、過去には強制執行、財産開示、会社法での手続き請求などをして、回収した例がありました。

上記和解は、それなりの減額をした形になりますが、過去の回収例から、労力をそこまでかけられないことなどから、依頼者が希望した内容での和解となりました。

 

この和解に基づき、過払い金150万円の回収ができています。

 

訴訟での争点

プライメックスキャピタル側は、答弁書、準備書面で争ってきましたが、実際には減額交渉であったと思われます。

一応、争点として、約款適用の有無、期限の利益喪失という点がありました。

プライメックスキャピタルが主張する約款が適用されるとしても、本件では期限の利益は喪失していないことを主張。


約款上、期限の利益が喪失するための要件は、①「借入・返済要綱」に基づく返済を1回でも怠ったこと、及び②キャスコが必要と認めること、の2点とされていました。

しかし、①について、証拠上、「借入・返済要綱」の内容が不明(特に、約定返済日が不明。)であり、本件で違反は認められないことや、一括弁済を求められなかったことから、②「キャスコが必要と認め」なかったと主張し、争いました。

 

 

過払い金回収までの期間について

依頼から回収までは、8ヶ月程度。

依頼から訴訟提起までは、1ヶ月半程度でした。

 

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店
12/6相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所
12/9相談会開催


動画配信中↓↓


ページトップへ