過払い金に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉ケース紹介 〉アコムの過払い金事例

事例紹介

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

ケース紹介

 

アコムの過払い金計算事例

アコム株式会社は、三菱東京UFJグループのため、銀行の資金力があるといわれています。

相談センターの過払い金無料相談でも、取引をしている方が一番多い業者ではないでしょうか。

当事務所で扱ったアコム株式会社の取引の利息制限法計算結果の一部を記載しますと、以下のような状況です。

最終更新年月日:2021年4月1日

計算前 計算後 取引期間
200万円 -21万円 10年
50万円 -35万円 10年
10万円 -130万円 14年
50万円 -85万円 11年
50万円 -135万円 16年
38万円 -110万円 20年
0円(完済) -30万円 5年
0円(完済) -140万円 11年
0円(完済) -35万円 4年
0円(完済) -45万円 7年
0円(完済) -300万円 16年
0円(完済) -10万円 4年
0円(完済) -65万円 10年
0円(完済) -120万円 10年
0円(完済) -93万円 13年
38万円 -112万円 12年
0円(完済) -85万円 13年
0円(完済) -209万円 19年
36万円 175万円 18年
0円(完済) -47万円 11年
0円(完済) -15万円 8年
7万円 -95万円 14年
50万円 -103万円 14年
0円(完済) -70万円 13年
300万円 -650万円 22年
0円(完済) -90万円 9年
0円(完済) -320万円 11年
0円(完済) -150万円 18年
0円(完済) -175万円 13年
0円(完済) -140万円 15年
168万円 -166万円 21年
33万円 -92万円 13年
50万円 -160万円 19年
0円(完済) -204万円 14年
23万円 -75万円 12年
25万円 -130万円 16年
0円(完済) -20万円 4年
0円(完済) -52万円 4年
0円(完済) -95万円 14年
0円(完済) -28万円 10年
0円(完済) -80万円 10年
0円(完済) -98万円 7年
40万 -120万円 14年
70万円 -240万円 26年
0円(完済) -175万円 14年

当時の約定利率や取引状況によって、金額は異なりますが、一例として参考にしてみて下さい。

アコム相手の裁判では、途中で完済があると取引の分断を主張してきたり、途中での延滞があると期限の利益喪失などの主張をしてくることもあります。

ただ、裁判を進めていくなかで、和解が成立し、過払い金を回収できることがほとんどです。

 

アコム過払い金回収までの期間について

2019年時点で、アコム相手に裁判を起こしたケースで
請求をしてから約6カ月で回収
というケースがあります。

途中完済、延滞などの争点があると、入金までの期間がもう少し延びる印象です。

 

アコムの過払い利息の利率について

アコムから借金をした場合の、契約上の利率は、一人一人違っていますが、いくつか例を紹介しておきます。

このあたりの利率設定がされている人が多いかと思いますので、これらの時期に取引をしていた人は、過払い利息が発生している可能性が高いと予測できます。

 

平成6年 29.2パーセント

平成7年 29.2パーセント

平成9年 28.47パーセント

平成9年 27.375パーセント

平成12年 27.375パーセント

平成13年 27.375パーセント

平成16年 25.0パーセント

平成17年 26.5パーセント

平成17年 25.55パーセント

平成17年 27.375パーセント

平成21年 27.375パーセント

 

アコムの経営状況

過払金の請求をする際には、相手の貸金業者が、どのような経営状況かも確認しておきたいところです。

過払金請求で最も怖いのは、相手会社が倒産するリスクです。

上場企業の場合には公開情報から決算状況などもわかります。

 

この点、アコムについては銀行系ということもあり、経営状況を心配される声は少ないです。

株価の推移をみると、市場でどのような評価をされているかもわかります。

 

2021年1月時点での決算状況では、過払金返還も減っていることから、営業増益見込みとされています。

 

 

アコムの歴史

アコムはもともと呉服と質屋だったと言われます。

消費者金融として成長させた木下氏は、二代目社長でした。

以前は、一人あたりの貸付額も業界トップレベルでした。

店舗間での、信用情報の横流しにより、信用情報機関「レンダースエクスチェンジ」による、二十日間の情報交換停止処分もされたことがあります。

同社の成長の陰には、三菱UFJ銀行系列の三菱信託銀行の支えがありました。

他社よりも早く銀行マネーによる貸金業を展開していた会社でした。

東京三菱銀行、三信銀行、ディーシーカード、ジャックスと共同出資で「東京三菱キャッシュワン」を設立したり、三菱東京フィナンシャル・グループの傘下に入るなどした経緯があります。

現在も、三菱UFJ銀行のカードローンの保証会社になっているなどしています。

 

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店
4/11相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所
4/12相談会開催


動画配信中↓↓


ページトップへ