過払い金回収についてのサイトです。神奈川県厚木市の法律事務所が管理しています。

過払い金のご相談(相模川法律事務所)費用相談予約
フリーダイヤル0120-141-9618:00~20:00 
携帯からも通話無料【事務所アクセス】

弁護士石井

TOP
理念
所属弁護士
過払いとは?
回収までの流れ
弁護士に頼むメリット
費用
相談方法・地図
相談時準備資料
対応地域
ケース紹介
Q&A
お客様の声
裁判例・争点

事務所

相模川法律事務所
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室
TEL:046-297-4055
業務時間:8:00~20:00
土日祝日も可能
--------

<主要業務エリア>

神奈川県・東京都を中心に活動しています。



FAQ

Q.過払い金の依頼をする前に、業者と和解をしたことがあっても請求できますか?

専門家が入る前に、消費者金融・クレジット会社などと、和解契約がされていることがあります。

利息制限法の計算をしない和解(単に延滞金をへらすとか)だったり、多少の減額があるだけ、というケースもあります。

多くの場合、借主が「返済ができない」と貸金業者側に伝え、貸金業者側が、「実は過払い金が発生している(借金はなくなっている)が、専門家に駆け込まれなければ、もう少しなら回収できそうだ」と考え、多少の減額をして和解を成立させることがあります。

見かけ上の借金:100万円
専門家計算の過払い金:-100万円
和解による借金:20万円

というようなケースです。

貸金業者側からすると、100万円の過払い金請求をされてもおかしくないところ、20万円は払ってもらえる、借主は過払い金の知識がないため、100万円の借金が20万円に減ったように感じる。

このような和解をしたあとに、過払い金の存在を知るということはよくあります。

利息制限法は強い法律ですので、グレーゾーン金利を無視した和解は本来許されません。

過去にも同様の判断をした裁判例が多数出ています。


たとえば、伊万里簡裁平成23年4月28日判決(消費者法ニュース90号)は、
利息制限法の計算結果と、和解内容が大きく違っていて、借主がそれを認識していない場合には、和解契約は錯誤で無効、あとで過払い金請求をすることもできる、と判断しました。


和解成立後の過払い金請求であっても、あきらめないでご相談ください。



過払い金相談版TOPへ