過払い金に関する弁護士相談についてのサイトです。神奈川県厚木市・横浜市の法律事務所が管理しています。

HOME 〉FAQ(よくある質問) 〉Q.返済の明細をなくしてしまったのですが大丈夫?

過払い金と返済明細

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

Q.返済の明細をなくしてしまったのですが大丈夫?

 

ほとんどの人は保管していないので、大丈夫です。

著者 弁護士石井琢磨

 弁護士石井琢磨
 更新:2021.7.29

過払い金業者との取引履歴については、弁護士が取り寄せをしますので、それにより、ほとんどの取引内容は分かるはずです。
業者の社名さえわかっていれば、こちらで開示請求しますから平気です。

お客様の氏名、住所、生年月日で本人特定をするので、これらの情報があれば平気ですよ。

ただし、これは今から10~25年程度前までの取引の場合の話。


業者によっては、あまりに昔の取引についてはデータがない、などという主張をしてくることもあります。
そんなときに、古い時期の契約書や支払明細の紙1枚でもあると、強い証拠になることもあります。

このように主張される時期は、業者によって違いますので、相談時にお知らせします。 相談にいらっしゃる段階では、特に資料はなくても大丈夫です。

今は、資料がない、と悩んでいる時間がもったいない
過払い金については、悩んでいるくらいなら、早く相談した方が良いと思います。
そう感じる局面です。

無料相談の予約、お問い合わせは 0120-141-961

弁護士 石井琢磨 神奈川県弁護士会所属 日弁連登録番号28708

オフィス

ジン法律事務所 弁護士法人

代表者:弁護士 石井琢磨

〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-14-3
雅光園ビル702号室

TEL:046-297-4055

 

<主要業務エリア>

クリック 相談予約

ジン法律事務所弁護士法人Webサイト

厚木本店
10/4相談会開催


ジン法律事務所弁護士法人横浜駅前事務所Webサイト

横浜駅前事務所
10/3相談会開催


動画配信中↓↓


ページトップへ